りそなと三井住友信託銀行の相続手続き(遺産整理業務)を徹底比較

比較
無料相談

相続が開始して、相続手続きの煩雑さに困っている方は多いと思います。本来なら相続人が行うべき相続手続きについて、いくつもの大手の銀行が代行サービスを提供していることをご存知でしょうか。

今回は、大手銀行の中でも、「りそな銀行」」と「三井住友信託銀行」が扱っている商品を、創業20年の相続手続き専門司法書士が、司法書士の目線で徹底的に比較します。

なお、このページの情報は、各銀行のホームページ上で公式に案内されている情報のみに基づいて記載しています。より詳しい情報や、最新の情報などは直接各銀行にお問い合わせいただきますようお願いします。

信託銀行の相続手続き代行サービスには2種類ある

まず、現在、信託銀行が取り扱う相続手続き(遺産整理業務)の商品には、大きく分けて2種類あります。

  1. すべての相続手続きを全部やってもらえる「完全タイプ」
  2. 相続手続きのうち一部のみをやってもらえる「簡易タイプ」

「完全タイプ」は手数料が高額なため、このサービスを利用できる方はそもそも遺産の多い方など限定されます。それに比べて手数料が安価な「簡易タイプ」は、幅広い層に受け入れやすいでしょう。

「完全タイプ」は富裕層向け商品

お金を払ってでも、全部をやってほしいという方にはこちらがお勧めです。

結論からお伝えすると「完全タイプ」については、どちらの銀行を選んでもサービスの内容は同じです。料金もほぼ同じです。

最低手数料は1,100,000円(税込)ですが、この金額で全部やってもらえるわけではなく、司法書士手数料や税理士手数料等は別途料金となります。

少し前の話ですが、かなりの資産家の方(数億円)で、手数料が9,900,000円という銀行からの請求書を見てびっくりした記憶があります(司法書士手数料と税理士手数料は別)。

それでも、戸籍の収集から相続人の調査、残高証明書などの必要書類の収集、遺産分割協議書の作成から、各種名義変更や預貯金の解約、税務申告などを代わってやってもらえることは、相続手続きに困っている相続人にとって、ありがたいサービスであることは間違いありません。

もともとは、その銀行に多くの金融資産を預けている「大口顧客(お得意様)」向けの商品でした(いまは誰でも利用できます)。ですから、なるべく安く相続手続きを済ませたいという人が選ぶ商品ではありません。

「簡易タイプ」は一般向け商品

自分でできるところはやって、面倒なところ(不動産の名義変更や預貯金の解約など)だけ代わってやってほしいという方にはこちらがお勧めです。

費用を節約したい人もこちらのタイプがお勧めです。

「簡易タイプ」は銀行によって特徴があります。何をどこまで代行してもらえるかや、料金設定も銀行ごとに異なります。よく比較して、あなたにピッタリなものを選択してください。

しかし、普通の方にとって「相続手続きの中で何が自分でできて何ができないか?」は分かりません。ですから、「簡易タイプ」は申し込み前に、「どこからどこまでを代行してもらえるのか?」「料金には何が含まれているのか?」を確認するとよいでしょう。

「簡易タイプ」は、「完全タイプ」のサービスが一部削られて値段が安くなっているため、過度な期待は禁物ですが、銀行の提供する相続サービスをどうしても利用したい方にとっては良いのではないでしょうか。

【簡易タイプを申し込む場合の注意点】
①「どこからどこまでを代行してもらえるのか?」
②「料金には何が含まれているのか?」「何が含まれていないのか?」

迷ったときはどちらを選べばいいのか?

まず相続手続きにかけられる予算が多い方は、迷わず「完全タイプ」をお勧めします。すべてを銀行(あるいは銀行から紹介された専門家)がやってくれますから、心配がありません。

予算が少ない方で、銀行のサービスをどうしても利用したいという方は「簡易タイプ」になります。いくつかの銀行を比較して検討することになります。

すでにお伝えしたように「簡易タイプ」は代行してくれる内容が金融機関で一律ではなく、かなり特徴があります。また、料金体系も大きく異なります。

一般論として、料金が安いものは、それだけ代行してくれる内容も少なく、料金が高いものは内容が多く含まれています。ですから、決して料金だけで選ぶことのないように十分注意してください。

それでは、次の項目から、さっそく2つの信託銀行の商品の比較をしていきます。

りそな銀行が扱う相続手続き(遺産整理業務)

りそな信託銀行は、りそな銀行に合併し、すでに解散しています。現在はりそな銀行が信託業務を行っています。「〇〇信託銀行」よりも「〇〇銀行」の方が、敷居が低い感じがして、気軽に入りやすいですね。

りそな銀行では、完全タイプと簡易タイプの2種類の商品がラインアップされています。それぞれの商品名に特徴がなく、区別が付きにくいのですが順に紹介します。

商品名「相続手続代行サービス」|完全タイプ

りそな銀行のホームページによると、「相続手続代行サービス」の商品の内容や手数料は以下の通りとなっています。

遺産整理業務「相続手続代行サービス」の概要

相続人に代わって、銀行が手続きの代行・アドバイス・専門家の斡旋をしてくれる内容は次の通りです。

  1. 遺産の調査・収取と相続財産目録の作成および交付
  2. 遺産分割協議書作成のお手伝い
  3. 遺産分割手続きの実施(不動産・預貯金・株式の名義変更や換金処分)
  4. 相続税等諸税の納付代行
手続きを引き受けられない場合

なお、相続手続き代行サービスを引き受けることができない場合については次のような記載があります。

  1. 相続人のご協力が得られない場合
  2. 相続開始後8ヶ月を経過するまでに遺産分割協議が調わないとき
  3. 受任者において遺産分割手続きの実施に著しい時間または費用を要すると判断したとき
  4. その他受任者において本契約の遂行が困難と判断したとき

遺産整理業務「相続手続代行サービス」の手数料

最低手数料

1,100,000円(税込)

手数料の計算表

相続手続代行サービス対象の財産額に以下の割合を乗じて計算した合計金額

財産額 報酬率(消費税等込み)
①りそなグループ預かり資産の部分 0.33%
②上記①以外の財産 5000万円以下の部分 2.20%
5000万円超1億円以下の部分 1.65%
1億円超3億円以下の部分 1.10%
3億円超の部分 0.55%
その他にかかる費用
  • 戸籍謄本等、法定相続情報一覧図の写し、固定資産評価証明書、不動産登記簿謄本等の取得費用
  • 不動産相続登記に係る登録免許税、司法書士報酬、相続税申告等に要する税理士報酬
  • 預貯金等の残高証明書等の発行手数料 など

当事務所による分析結果

りそな銀行の「相続手続き代行サービス」について、当事務所の分析結果は以下の通りです。

①「3.遺産分割協議書に基づいた相続手続きのお手伝い」とは①預貯金の解約、②不動産の名義変更、③相続税の申告のこと。このうち銀行自身が代行するのは①のみ。②は司法書士を斡旋され、③は税理士を斡旋される。それでも専門家をいちいち探さないで済むのは楽だし、銀行が提携している専門家なら安心感もある。

②「4.相続税等諸税の納付代行」とある点。他行も代行しているのかもしれないが、明記してあるのはりそな銀行だけ。

③りそなグループに預けている資産が多い場合、手数料が0.33%と割安になる点は最大のメリット。りそながメインバンクの方はこちらが第一候補になるだろう。ちなみに、0.33%はみずほ信託銀行の完全タイプと同じ。

①通常相続の手続は「相続人の調査(戸籍調査)」から始めるが、ホームページ上からはそれが読み取りにくい。おそらく含まれているのだろうとは思う。

②ホームページには遺産分割協議書は相続人が作成するような記載があり、銀行は作成しないように読める。どちらか不明である。

× 最低手数料が高額に感じるが、そもそも富裕層がターゲットの商品。

商品名「相続手続安心パック」|簡易タイプ

商品名が「相続手続安心パック」ですから、こちらが完全タイプのような気がしますが、一部の手続きのみ代行する簡易タイプとなっています。

りそな銀行のホームページによると、「相続手続安心パック」の商品の内容や手数料は以下の通りとなっています。

遺産整理業務「相続手続安心パック」の概要

相続人に代わって、銀行が手続きの代行・アドバイス・専門家の斡旋をしてくれる内容は次の通りです。先に紹介した「相続手続代行サービス」は4つのメニューを代行してくれますが、「相続手続安心パック」はそのうちの1つだけを代行します。

  1. 遺産の調査・収取と相続財産目録の作成および交付
  2. 遺産分割協議書作成のお手伝い
  3. 遺産分割手続きの実施(不動産・預貯金の名義変更や解約)←これだけ代行
  4. 相続税等諸税の納付代行
対象となる方

この商品は次の方におすすめであると案内されています。

  • 相続税申告の必要がないお客様
  • 事前に遺産分割方法を決めていただくことで不動産の名義変更、預貯金等の解約をスピーディーに行います
  • 遺産の調査・収集を行わない手数料を抑えたプランです
利用要件

この商品を利用するには、以下の要件すべてを充たす必要があります。

  1. 相続人の数が5名以下であること
  2. 業務対象財産が、不動産と金融資産(株式を除く)のみであること
  3. 取引金融機関が証券会社を含まず、かつりそな銀行のみではないこと
  4. 遺産整理業務契約時までに遺産分割協議ができること
  5. 相続財産目録の調整を要しないこと
手続きを引き受けられない場合

なお、相続手続安心パックのサービスを引き受けることができない場合については次のような記載があります。

  1. 相続人のご協力が得られない場合
  2. 受任者において遺産分割手続きの実施に著しい時間または費用を要すると判断したとき
  3. その他受任者において本契約の遂行が困難と判断したとき

遺産整理業務「相続手続安心パック」の手数料

手数料

550,000円~814,000円(税込)

手数料の計算について

相続財産評価額にかかわらず、以下の手数料となっています。

(1)基本要件 ①業務対象の不動産が、被相続人の居住用不動産のみであること。(賃貸用など居住用
以外の用途に使用される部分を含まないものに限定し、私道持分を有する場合には当該私道持分を含めて取扱う。)②被相続人の取引金融機関が業務を申込する金融機関を含めて5社以内であること。
(2)追加要素 基本要件の全部またはいずれかを満たさない場合、以下の各号に掲げる事項(以下「追加要素」という。)の合計数を算定し、(3)に従い、手数料を算定するものと
する。ただし、追加要素の件数は3件を上限とする。①建物1棟とその底地を1件、建物所有以外の目的で利用する土地については同一の用
途に供する一団の土地を1件として数える。)②取引金融機関(株式会社りそな銀行を含む。)の数のうち、5社を超える件数
(3)手数料 ①基本要件を全て満たす場合は、550,000 円(税抜き 500,000 円、以下「基本手数料」
という。)。②追加要素がある場合は、その件数1件につき 88,000 円(税抜き 80,000 円)を乗じた額
を基本手数料に加算した金額。
その他にかかる費用
  • 戸籍謄本等、法定相続情報一覧図の写し、固定資産評価証明書、不動産登記簿謄本等の取得費用
  • 不動産相続登記に係る登録免許税、司法書士報酬、相続税申告等に要する税理士報酬
  • 預貯金等の残高証明書等の発行手数料 など

当事務所による分析結果

りそな銀行の「相続手続安心パック」について、当事務所の分析結果は以下の通りです。

①「3.遺産分割手続きの実施」とは①預貯金の解約、②不動産の名義変更のこと。このうち銀行自身が代行するのは①のみ。②は司法書士を斡旋される。それでも専門家をいちいち探さないで済むのは楽だし、銀行が提携している専門家なら安心感もある。

②不動産、金融資産の名義変更だけ依頼したい人は「相続手続代行サービス」と比べて手数料が安いこちらが候補となる。

①ホームページには遺産分割協議書は相続人が作成するような記載があり、銀行は作成しないように読める。どちらか不明である。

②「遺産分割協議書」を銀行が作成してくれるというのであれば、そのような法的知識のない相続人にとっては、このサービスを利用するメリットはある。

③「相続手続代行サービス」の中の重要なサービスが省略されているため、値段に釣られないように注意。

④何をどこまで代行してくれるのかが、はっきりしていない点。

⑤手数料の計算方法が独特で、分かりにくい点。

× 預貯金の解約と司法書士の斡旋だけにしては、最低手数料が高額。金融機関が5社で手数料550,000円であれば、1社あたり110,000円もかかる計算となる。しかも不動産登記の司法書士手数料は別途かかる。

三井住友信託銀行が扱う相続手続き(遺産整理業務)

以前は中央三井信託銀行という名称でした。現在は三井住友信託銀行として、信託業務を行っています。同じ三井住友系のSMBC信託銀行とは別会社で、遺産整理業務について提携関係はないようです。

三井住友信託銀行は、完全タイプの商品だけがラインアップされています。かつては、簡易タイプもあったように記憶しているのですが、現在は公式ホームページを見る限りでは、簡易タイプのサービスは提供されていないようです。

商品名「まかせて安心」|完全タイプ

三井住友信託銀行のホームページによると、「まかせて安心」の商品の内容や手数料は以下の通りとなっています。

「まかせて安心」の概要

相続人に代わって、銀行が手続きの代行・アドバイス・専門家の斡旋をしてくれる内容は次の通りです。

  1. 法定相続人の確定
  2. 相続財産の調査、把握
  3. 遺産分割協議のアドバイス
  4. 預貯金、有価証券などの換金、名義変更(各金融機関の所定の手続きを代行します)
  5. 不動産の名義変更
  6. 所得税・相続税など納税資金の手当てのアドバイス

「遺産整理業務」の手数料

最低手数料

1,100,000円(税込)

手数料の計算表

相続税評価額による遺産整理業務対象財産額に下記の率を乗じた額の合計額。

※遺産整理に際し、特別の手続きを要する場合は、規定の手数料以外に別途特別の手数料をいただく場合があります(例:海外に相続人がいる場合の海外渡航費用等)

遺産整理業務対象財産額 左記財産額に乗じる率
①三井住友信託銀行預かり資産の部分 0.33%
②上記①以外の財産 5,000万円以下の部分 2.20%
5,000万円超1億円以下の部分 1.65%
1億円超2億円以下の部分 1.10%
2億円超3億円以下の部分 0.88%
3億円超5億円以下の部分 0.66%
5億円超10億円以下の部分 0.44%
10億超の部分 0.33%
その他にかかる費用
  • 不動産登記に関する登録免許税や司法書士手数料
  • 戸籍謄本、固定資産税評価証明書等取寄せ費用
  • 預貯金等残高証明書等発行手数料
  • 鑑定評価手数料
  • 不動産売却手数料
  • 準確定申告、相続税申告等に係る税理士報酬等が必要な場合があります

当事務所による分析結果

みずほ信託銀行の「遺産整理業務」について、当事務所の分析結果は以下の通りです。

①様々な手続きを代行するとあるが、銀行自身が代行するのは金融資産の名義変更のみ。不動産の名義変更は司法書士を斡旋され、相続税は税理士を斡旋される。それでも専門家をいちいち探さないで済むのは楽だし、銀行が提携している専門家なら安心感もある。

③三井住友信託銀行に預けている資産が多いと手数料が0.33%と割安になる点は最大のメリット。三井住友信託銀行がメインバンクの方はこちらが第一候補になるだろう。ちなみに0.33%はりそな銀行と同じ。

①手続きを引き受けられない場合についての記載がなく、具体的にどのような場合があるかについては問い合わせが必要。

②同じ三井住友系の三井住友銀行やSMBC信託銀行とは、遺産整理業務に関しては提携関係はなく、これらの預金について0.33%の報酬適用は受けられない点。

× 最低手数料が高額に感じるが、そもそも富裕層がターゲットの商品。

三井住友信託銀行には簡易タイプはない?

数年前までは、三井住友信託銀行にも簡易タイプの商品があったように記憶していますが、現在のところ、公式ホームページを見てもそのような案内は見当たらないので、簡易タイプは存在しないようです。

もしご興味がございましたら直接三井住友信託銀行の各支店までお問い合わせください。

りそな銀行と三井住友信託銀行、どちらが有利か?

このように比較してみましたが、結局どちらにすべきでしょうか。

完全タイプは…

「完全タイプ」では、りそな銀行の「相続手続代行サービス」、三井住友信託銀行の「まかせて安心」のうち、どちらを選んでもサービス内容は同じです。

最低手数料も1,100,000円(税込み)ですから、料金も同じです。どちらかで迷ったら、メインバンクの方(故人がより多くの金融資産を預けている方)を選ぶべきでしょう。その方が若干ですが費用が安く済みます。

簡易タイプは…

「簡易タイプ」では、三井住友信託銀行の提供するサービスはありませんので、もし、この2つの銀行のどちらかを選択しなければならないのであれば、りそな銀行「相続手続安心パック」を選ぶことになります。

しかし、簡易タイプを提供する銀行は他にも、みずほ信託銀行「WEB遺産整理」、三菱UFJ信託銀行「お手伝いさん」などがあります。

簡易タイプはいろいろと制約も多く、料金体系も複雑なので、パンフレットなどを取り寄せて慎重に検討されるのがよろしいかと思います。

銀行が提供するサービスなので、どの銀行を選択されても「信用力」という点においては間違いがないでしょう。しかし、料金やサービス内容は大きく異なりますので、簡易タイプの利用がためらわれるようであれば、予算的に許す限り、完全タイプを選んだ方が安全です。

■三菱とみずほ信託銀行の相続手続き(遺産整理業務)を徹底比較

三菱とみずほ信託銀行の相続手続き(遺産整理業務)を徹底比較

ご相談お待ちしております! 左|司法書士 今健一  右|司法書士 齋藤遊

このページのまとめ

私たちは、相続手続き専門の司法書士事務所です。東京国分寺で約20年に渡って相続問題に取り組んできました。オンラインにより全国対応をしています。

このページでお伝えしたかったことは次の2点です。

  • 全部やってくれる「完全タイプ」はりそな銀行も三井住友信託銀行も大差がない
  • 一部やってくれる「簡易タイプ」は各銀行で料金もサービス内容も大きく異なるので要注意

なお、当事務所でも銀行と同様のサービスを提供しています。ご興味のある方はこちらのページをご覧ください。

■遺産整理は銀行の手数料の1/4になる場合もある相続のプロに依頼

遺産整理(遺産全部の相続手続き)

■資料請求はこちら

いまなら毎週土曜日に面談(対面・非対面)による無料相談を実施しています。また無料相談は平日も随時実施しています。
お電話(予約専用ダイヤル042-324-0868)か、予約フォームより受け付けています。メールによる無料相談も行っております。

いずれも無料ですが誠意をもって対応します。ご利用を心よりお待ちしております。