戸籍謄本の取り寄せ

戸籍謄本を全国から迅速に取り寄せます

銀行預金や不動産の相続手続きを行うためには、戸籍謄本の取り寄せが必要です。

具体的にどのような内容の戸籍謄本を取り寄せる必要があるかまでご存知ですか。

戸籍謄本といっても、除籍謄本、改製原戸籍謄本などいくつかの種類があります。

そして戸籍謄本の収集は困難を極めることもあります

私共、相続手続き専門のこん・さいとう司法書士事務所では、ご相続人に代わり、相続手続きに必要な戸籍謄本等をもれなくスピーディーに徴収します。

どんな戸籍謄本を集めればよいのか?|集め方のノウハウ

Q1【被相続人(故人)】については?

被相続人(死亡した人)の死亡から出生に遡るまでのもの全てです。

生まれてから亡くなるまで同じ本籍にとどまる人はまずいません。

転籍や結婚で本籍が移るのが普通です。

民法の改正や役所のシステム変更(コンピュータ化)によって戸籍情報が書き換えられることもあります。

この戸籍謄本を全部収集します。

Q2【相続人】については?

相続人については、現在の戸籍謄本が必要です。

相続人自身も亡くなっている場合は、代襲相続や数次相続が問題となり、法律知識がないと判断はできません。

相続人が他の相続人の戸籍謄本を勝手に取得することはできません。

原則として本人からの委任状が必要になります。

役所窓口で免許証の提示などによる本人確認を受けます。

Q3どうやって集めるのですか?

方法は2つあります。

1つ目は窓口で直接請求する方法です。

その場で交付してもらえますし、手数料もその場で現金で納付すればよいので、簡単で簡潔な方法です。

ただし、役所が開いている時間に限られるので、手間です。

2つ目は郵送による請求です。

各自治体のHPに具体的な方法が書いてあります。

一般的には次のようになります。

  1. 自治体のHPから戸籍請求書をダウンロードして必要事項を記載
  2. 請求者と被請求者の身分のつながりが分かる戸籍謄本のコピー等を同封
  3. 請求者の身分証明書(免許証など)のコピーを同封
  4. 郵便小為替(発行手数料)を同封
  5. 返信用封筒(切手を貼ったもの、またはレターパック)を同封

ご自分の都合で請求することができる反面、内容に不備があれば、発行されずに返送されたり、不備を補完するように電話がかかってきたりします。

請求箇所が多ければ多いほど煩雑な手続きとなります。

Q4自分で全部の戸籍謄本の取り寄せは可能ですか?

相続関係が単純なら自分で全部の戸籍謄本を取り寄せることは十分可能です。

しかし、相続人が複数人であったり、転籍などを繰り返している場合は困難です。

取り寄せ手続きにあたって必要な書類を添付していない為、役所から書類を返送されたり、追加の書類等を送付するよう命ぜられたりすることがあります。

その場合、相続手続きも遅滞します。

これまでに数多くの戸籍謄本取り寄せをご依頼いただきましたが、集めた戸籍謄本等が30通を超えることも珍しくありません。

私ども「相続手続き専門 こん・さいとう司法書士事務所」であれば、安心、確実、スピーディーに、相続手続きに必要な戸籍謄本等を収集代行いたします。

Q5相続前にあらかじめ集めておくことは出来ますか?

できます。

相続手続きに使う戸籍謄本類を集めるには時間を要します。

そこで、相続が開始した際に慌てないために、あらかじめ戸籍謄本類を集めておくこともできます。

最近はそのようなお客様も多いです。

戸籍謄本の取り寄せでお困りならまずは無料相談会へ

「そんな昔の戸籍までさかのぼって必要なんですか」
「とても時間がありません」

無料相談会で、相続手続きに必要な戸籍謄本の説明をすることがあります。

その際。ご相談者から必ず頂く言葉です。

金融機関や法務局に提出すべき戸籍謄本を完全にそろえるには法的な知識が要求されます。

戸籍謄本の取り寄せに奔走する時間や手間、心理的な負担を考えた場合、私共にお任せいただくことも是非ひとつご検討くださいませ。

戸籍謄本等の徴収代行にあたっては、着手金は頂いておりません。

まずは、毎週土曜日に開催している無料相談会でご相談ください。

戸籍謄本の取り寄せの報酬

 

相続手続き