東京多摩・武蔵野地区(国分寺)随一の司法書士 相続手続き専門 こん・さいとう司法書士事務所

相続手続き専門 東京国分寺 こん・さいとう司法書士事務所
相談料0円 毎週土曜日開催! 無料相談会開催中!

司法書士の専門分野・歴史・資格など

司法書士の専門分野

書類を見る男

他人の依頼を受けて行うことのできる司法書士の業務は多岐にわたっております。

その内容は司法書士法第3条や、司法書士法施行規則第31条に規定されています。

要約すると以下のようになります。

私ども「国分寺の相続手続き専門 こん・さいとう司法書士事務所」は、相続手続きだけでなく、下記の一般的業務もすべて取り扱っております。 

 

①登記又は供託手続きの代理 

 

②地方法務局に提出する書類の作成

 

③地方法務局長に対する登記、供託の審査請求手続きの代理

 

④裁判所または検察庁に提出する書類の作成、地方法務局に対する筆界特定手続き書類の作成

 

⑤上記①~④に関する相談

 

⑥法務大臣の認定を受けた司法書士については、簡易裁判所における訴額140万円以下訴訟、民事調停、仲裁事件、裁判外和解等の代理及びこれらに関する相談(司法書士今健一・司法書士齋藤遊ともに法務大臣の認定を受けております) 

 

⑦対象土地の価格が5600万円以下の筆界特定手続きの代理及びこれに関する相談

 

⑧家庭裁判所から選任される成年後見人、不在者財産管理人、破産管財人などの業務

 

司法書士は国民の権利の擁護と公正な社会の実現のため、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正かつ誠実にその業務を行わなければならないという重い責任を負っております。

また、司法書士法第24条により、職務上知り得た秘密を他に漏らしてないけないという秘密保持義務も課せられております。

これらの義務に違反した場合、懲戒処分等を受けることになります。

私ども「国分寺のこん・さいとう司法書士事務所」は一度も懲戒処分等を受けたことはございませんのでご安心ください。

司法書士の歴史

古い蔵

司法書士という職業が法律で認められたのは、太政官無号達で司法職務定制が定められた、明治5年のことです。

この法律の中で、「証書人・代書人・代言人職制」が定められました。 証書人は、今の公証人、代書人が司法書士、代言人が弁護士のことです。

大正8年には司法代書人法が制定され、司法代書人と一般代書人の2つに分離されました。

そして昭和10年に司法書士法が制定され、代書人のうち司法代書人を司法書士とすることを定めたのです。

さらに昭和53年より国家試験制度が導入され、司法書士試験は法務省が管轄する国家試験となりました。

 

司法書士になるには

研修の様子

原則的に毎年7月に行われる法務省管轄の国家試験に合格することが必要です。

 

受験者数は毎年30000人程度。合格者数は900人程度です。

 

合格率は3%未満という、数ある国家試験の中でも司法試験などと並ぶ最難関試験です。

 

試験で問われる法律科目は、憲法・民法(借地借家法などの特別法を含む)・刑法・商法会社法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法・不動産登記法・商業登記法の全11分野に及びます。

 

この筆記試験に合格し、その後行われる口述試験にパスした者だけが司法書士となるための資格を与えられます。

 

合格しただけでは司法書士業務は行えません。

 

司法書士試験に合格した者は、強制加入団体である「日本司法書士連合会」および「司法書士会」に加入しなければ司法書士業務を行うことはできません。

 

もちろん私どもも加入しております。

 

また、こん・さいとう司法書士事務所所属の司法書士今健一は、受験指導機関(「資格の学校TAC」(東証一部上場)」で10年以上に渡って、後進の指導にあたり、多くの合格者を輩出し、司法書士業界に新人司法書士を送り出しています。