東京多摩・武蔵野地区(国分寺)随一の司法書士 相続手続き専門 こん・さいとう司法書士事務所

相続手続き専門 東京国分寺 こん・さいとう司法書士事務所
相談料0円 毎週土曜日開催! 無料相談会開催中!

債務整理、自己破産

借金でお困りのあなた。

私たちなら何かお力になれるかもしれません。

他の大型債務整理事務所と違って、

私どもは本職(司法書士)自らが

お一人お一人と真摯に向き合います。

ケース1 いろんなところからの借金を返したい(債務整理)

困る男性

借金を返済するためにさらに借金をし、結果いろいろなところから借金を重ねている状態を多重債務といいます。

返済する気があるとしても、このままではますます借金は膨らむばかりで、先の見通しもつきません。

このような状態から脱却するためにはどうすればよいのでしょうか。

まずは債務を整理するところから始めたらいかがでしょうか。

もちろん債務整理をしたからといって必ずしも借金は減額されません。

しかし債務を整理することにより、これ以上の無駄な借り入れを防止できます。

さらに生活再建への見通しもつくはずです。

私共が行っている債務整理はまさに生活再建へのお手伝いです。

----------こん・さいとう司法書士事務所において行う債務整理のポイント-------------

(1) ご依頼者様と私共の間で委任契約を交わします。

(2) 私共から債権者(貸金業者)に「受任通知」を送付します。

(3) 債権者からの取り立てが止まります。

(4) 私共で債権者より「取引履歴(借金の詳細)」を取り寄せます。

(5) 引き直し計算して払い過ぎの利息がないか確認します

(6) 残債務につき、全ての債権者と交渉をします(弁済計画の作成)

(7) 「和解契約書」を作成し署名捺印をします

------------------------------------------------------------------------------------------ 

私ども「国分寺のこん・さいとう司法書士事務所」ではお一人お一人に合った弁済計画のご提案をさせていただきます。

どうかお一人で悩まずご相談ください。

ケース2 これ以上借金を返せない

相談する男性

ケース1のように債務整理を行っても借金の返済は不可能だ、となった場合、最も一般的な方法は「自己破産」です。

 

自己破産は地方裁判所に対して書面で申し立てるのですが、審理の上、問題がないと判断されれば「免責許可決定(借金を免除しますよという裁判所の判断)」が出され、借金から解放され新しいスタートを切ることができます。

 

しかし、すべての債務から解放されるわけではありません。

 

たとえば税金を滞納していれば、それは免れませんし、養育費の支払い義務なども免れません。つまり常に全ての債務から解放されるわけではありません。

 

また、不動産を所有している人は、破産によって失うことになるのが一般的ですからよく考える必要があります。

 

しかし、経済的に破たんしてしまった方にとっては、人生をやり直す最良の方法の1つであるという点は間違いがないと思います。

 

この自己破産について、よくあるご質問をまとめてみました。

 

Q1破産の申立てをしたら取り立ては厳しくなるのか?

(A1)むしろ取立は止まります

 

Q2破産の申立てをしたら無一文になるのか?

(A2)無一文にはなりません。現金は99万円まで保有できます。日常の家財道具も失いません。年金も受けられますし(ちゃんと納付していればの話ですが)、生活保護、児童手当等も受けられます。そのほか裁判で認められた範囲で財産の所有が許されます。

 

Q3ブラックリストに載るのか?

(A3)いわゆる多重債務者であればすでにブラックリストに載っている可能性が高いので、この点は自己破産のデメリットとは言えません。

 

Q4戸籍・住民票に載るのか?

(A4)載りません。

 

Q5仕事を辞める必要があるのか?

(A5)辞める必要はありません。ただ、勤めている会社から借り入れがある場合などは、事実上会社には居づらくなることはあるでしょう。

 

Q6ギャンブル・浪費で作った借金も自己破産できるのか?

(A6)一般的には無理です(破産法において免責不許可事由とされています)。

 

Q7保証人には迷惑はかからないのか?

(A7)かかります。自己破産しても保証人まで免責されるわけではありません。結果として債権者の取立は保証人に集中することになります。

 

お一人で悩まずに、是非私どもにご相談ください。私ども「国分寺のこん・さいとう司法書士事務所」がお力になります。